アール・アート Office New Image トップへ
アール・アート Office New Image  アーティスト名インデックス ≪ま≫
  
       け・こさ・し すせそた・ち・つ  

 なにぬねの |      み・む・め や・ゆ・よ     

 | いろいろ |




マグリット、ルネ   (1898-1967) ベルギー シュルレアリスト *
ベルギーのレシヌに生まれる。
ブリュッセルの美術学校で学んだ。イメージの魔術師。

マーク・ロスコ  (1903-70) ロシア・アメリカ 20世紀抽象表現主義
ロシア、ラトビア、ドゥヴィンスク生まれ。
ユダヤ人迫害を受け、家族はアメリカに移住。
オレゴン州ポートランドのユダヤ人地区に住む。奨学金でイエール大学に入ったが、中退。
22歳で画家をめざしてニューヨークに出た。
リアリズムから出発し、シュールレアリズムに移り、抽象画へと移った。
長く評価されなかったが、1961年に初めて個展を開いた。
動脈瘤に苦しみ、テキサス州ヒューストンの教会の壁を完成後、自殺した。

マザッチョ イタリア   初期ルネサンス 、フィレンツェ派

マシェク   (1865-1927) チェコ 象徴主義

マシャッド  

マザウェル ( 1915-91) アメリカ 抽象表現主義
ワシントン州アバディーン生まれ。
11歳から美術学校で学び、スタンフォード大学で哲学士になり、
ハーヴァード大学で、ドラクロワの美学に関する論文を書く。
1940年、コロンビア大学大学院に入学。難民画家たちと知り合って、
画家を志した。
スペイン内乱をテーマにした抽象表現主義の作品はすぐに高く評価された。

マセイス (1465-1530) フレミッシュ 北方ルネサンス

マッキントッシュ  

マックス・エルンスト (1891−1976) ドイツ生まれ フランス  ダダ、 シュリアリズム
ケルンで生まれた。
1919年、ダダ・グループのケルン支部をつくった。
19922−41年、パリに滞在し、1941年からアメリカに住んだ。
コラージュの技法を利用したり、ブルトンのオートマティズム、
フロッタージュの方法に工夫を加えた。
(フロッタージュとは、ものの表面に紙をあてて、
「こすること」でその模様を写しとる技法。)

マックスフィールド・パリッシュ   (1870-1966) アメリカ ゴールデン・エイジ・イラストレーター*

マックス・ベックマン (1884-1950)  ドイツ  20世紀 表現主義

マックナイト  

マッケ   (1887-1914) ドイツ 20世紀 表現主義
ドイツ北西部、メシェーデ出身。
デュッセルドルフの美術学校で学ぶ。ミュンヘンで、
カンデンスキーらの「青騎士」に参加。
マッケも、マルクと同様、1914年、第一次世界大戦で召集され、
9月26日、ペルテスで戦死した。
27歳であった。優しく、詩的な芸術家であった。

マッセ   カナダ

マティス  (1869-1954) フランス 20世紀 フォヴィスト *
画家としての、マティスのキャリアは長く、スタイルも様々である。
印象派から、抽象画に近いものまで幅広い。
フォヴィスト(野獣派)の画家として出発した。
フランスのリヴィエラ海岸地方(南仏)のニースとヴァンスに住み始めてから、
色彩への賛美は始まった。
1941年、十二指腸ガンを宣告され、以後、車椅子の生活になった。
ヴァンスのロザリオ礼拝堂の壮大な壁画を完成させたのは、
そんな状態の中でであった。
マティスは神経質で心配性な気質であった。
絵画を描くことで、神経質な気分を落ち着かせていった。
マティスは「野獣派の王」として有名になった。
しかし、この紳士的で、知的な画家にとって、野獣派という言葉自体、
不似合いである。
マティスは情熱的ではあるが、野性的などでは決してない。

マドックス・ブラウン、フォード   (1817-1904) イギリス ラファエル前派 *

マネ   (1832-1883) フランス 印象派 写実主義 *

マリア・マヌエラ  

マリオ・テイスティーノ  

マリー・カルキンス  アメリカ

マルク、フランツ   (1880-1916) ドイツ 表現主義 *

マルク・シャガール   (1887-1985)   ロシア 20世紀 エコール・ド・パリ
ロシア、ウィテスブルクに生まれる。ユダヤ人。
ペテルスブルクの美術学校に学ぶ。1910年パリへ行く。
画風の幻想性と非現実性がロシア政府に嫌われ、
アメリカ、メキシコで仕事をして、パリに戻った。

マルセル・デュシャン   1887-1968 フランス、アメリカ  ダダ、シュールリアリズム  
コンセプチュアル・アート

1913年、「レディ・メイド」の作品を制作。
1942年からニューヨークに移る。
デュシャンの作品は西洋美術の概念を大きく揺るがせ、
一美術家としてではなく、美術史上の思想家として大きな存在である。

マルティーニ、シモーネ   (1285-1344) イタリア 初期ゴシック *

マレービッチ   (1878-1935) ロシア 20世紀 抽象絵画 *

マンジャン   (1853-1933) フランス(アカデミズム)

マンテーニャ (1431−1506) イタリア   初期ルネサンス、パドヴァ派

マン・レイ   (1890-1976) アメリカ  ダダ  シュルレアリスム  写真家 画家
1921年にパリへ渡った。
デュシャンと交流があり、影響を受けた。
マン・レイの作品は広告美術に多大な影響を与えている。



       け・こさ・し すせそた・ち・つ  

 なにぬねの |      み・む・め や・ゆ・よ     

 | いろいろ |
  

トップページ |発送・送料支払・配送方法割引情報 | お問合わせ | 特定商取引法に基づく表示 |ヴァーチャル絵画館


Art at Dorian (c)Copy Right 2001 newimg.org All Rights Reserved

素材提供はこちら