アール・アート Office New Image トップへ
アール・アート Office New Image  アーティスト名インデックス
  
       け・こさ・し すせそた・ち・つ  

 なにぬねの |      み・む・め や・ゆ・よ     

 | いろいろ |

アイヴァゾフスキー ロシア

アイエツ、フランチェスコ (1791-1882) イタリア ロマン主義 キス*

アーウィット、エリオット   (1928- )  パリ生まれ、アメリカに移住、マグナム写真家 *

アウグスト・マッケ (1887-1914) ドイツ 20世紀 表現主義

アーサー・ヒュース  (1832-1915)  イギリス ラファエル前派  オフィーリア*

アーシュレー・ディヴィッド

アーノルド・ベックリン  ( 1827-1901 )  スイス    世紀末芸術、象徴主義

アーフェル・カンプ   (1585-1634)  オランダ バロック

アメデオ・モディリアーニ   (1884-1920) イタリア 移民画家 エコール・ド・パリ *

アルチンボルド   ( 1530-1593 )   イタリア マニエリズム 

アール・ヌーボー

アルバース、ジョセフ  (1888-1976) ドイツ・アメリカ デザイナー 
オプ・アートの先駆け。ミニマリズム(1960年代)。
デ・ステイルの影響を受け、バウハウスで学び、教えていた。
ここで、カンディンスキー、パウル・クレー、ミース・ファン・デル・ローエなどに出会う。
ナチによる前衛美術の弾圧のため、1933年渡米。 
アメリカではブラック・マウンテン・カレッジなどで教えていた。
家具、ガラスのデザイン。写真も手掛けた。
著書に「色彩の相互作用」(1963)がある。

アルバート・ムーア  (1841-1893)  イギリス ラファエル前派 *

アルフレッド・シスレー  (1839-99) フランス 印象派 *

アルマ・タデマ  (1836-1912) ラファエル前派

アレグザンダー・コールダー ( 1898-1976 ) アメリカ *

アレヤーノ   コンテンポラリー・アーティスト

アングル  (1780-1867) フランス 新古典主義
ダヴィッドがナポレオンとともに、失脚した後、
フランス古典主義を受け継いだのは、アングルであった。

アンセル・アダムス   (1902-1984) アメリカ 写真家

アンソール  ( 1860-1949 ) ベルギー 表現主義 
1877年ブリュッセルのアカデミーに入学。
ボルタールス、スタラールトに師事。
前衛サークルに参加したが、スキャンダラスな作品は出品を拒否される。
90年頃から仮面や骸骨をモティーフにした寓意画を描くようになる。
ベルギーのオステンデに記念館がある。

アンダーソン、キム   オランダ  写真家(子供の写真) 
白黒写真に少し色を乗せ、子供時代の感覚が少しずつ無くなっていく感じを出している。。
 

アンダーソン、ソフィー  (1823-1903)  フランス ラファエル前派

アンディ・ウォーホル  ( 1928-1987 ) アメリカ  ポップアート

アントニオ・ガウディ   (1852-1926)  スペイン  アール・ヌーボー  バルセロナ *
アール・ヌーボーは自然の形からとった波型の曲線を特徴とする模様に基づいた、
新しい装飾であった。
その影響は錬鉄細工、宝飾品、ガラス細工など多岐に渡った。
しかし、建築デザインだけは容易ではなかった。
ガウディはやってのけた。カサミラである。
しかし、この特異な建築に後継者は出なかった。というより出ようもなかった。
ヘンリー・ムーアの彫刻の先駆とはなった。

アンドリュー・ワイエス   ( 1917〜)  アメリカ  現代リアリスト、アメリカン・リアリズム *
1938年ニューヨークのマクベス画廊での初個展以来、
ペンシルヴェニア州、メイン州の生活風景を描いた。
全米芸術賞など数々の賞を受け、
現代アメリカの作家としての地位を確立した。

アンドレ・ドラン   (1880-1954)    フランス  20世紀 フォーヴィズム
マティス、ヴラマンクと親しく、印象派の影響を受けたが、
後に原始芸術や古典絵画を研究。

アンブロージョ・ローレンツェッティ  (1290-1348) イタリア 初期ゴシック *

アンリ・ルソー  (1844-1910) フランス 素朴派  後期印象派
20世紀 幻想の芸術 プリミティズム
*

パリ郊外の間接税務局に勤める下級官吏だった。
40歳ごろ趣味で絵を描き始める。
翌1885年、退職して、バイオリン教師をしながら、アマチュア画家となる。
人柄も素朴で、純真、無邪気であったが、描く絵も無邪気なファンタジーに満ちていた。
ちょうど、「原始芸術(プリミティヴ・アート)」が流行り出す頃であったので、注目を集める。
ゴーギャン、ピサロ、ルノワール、ピカソも、彼の作品に興味をもった。

アンリ・マティス (1869-1954) フランス 20世紀 フォヴィスト

       け・こさ・し すせそた・ち・つ  

 なにぬねの |      み・む・め や・ゆ・よ     

 | いろいろ 
  

トップページ |発送・送料支払・配送方法割引情報 | お問合わせ | 特定商取引法に基づく表示 |ヴァーチャル絵画館


Art at Dorian (c)Copy Right 2001 newimg.org All Rights Reserved

素材提供はこちら