アール・アート Office New Image トップへ
アール・アート Office New Image アーティスト名インデックス ≪み・む・め≫
  
       け・こさ・し すせそた・ち・つ  

 なにぬねの |      み・む・め や・ゆ・よ     

 | いろいろ |



ミケランジェロ    (1475-1564) イタリア 盛期ルネサンス

ミシェル・ドラクロワ 

ミース・ファン・デル・ローエ (1886-1969)
ドイツ バウハウス  デ・ステイル  アメリカ 建築家
1920年代前半、ヨーロッパで最も進歩的な建築は、
ドイツの美術学校バウハウスが建てた、デッサウの建築群であった。
教室棟、工作棟、アトリエ棟が主で、特に工作棟は壁がガラスになっていて、
当時としては劇的なものだった。
ミース・ファン・デル・ローエはこのバウハウスの校長をしていた。
1933年、ナチスはバウハウスの国際的様式を反国家的であるという理由で閉鎖させた。
多くの建築家がアメリカに移住した。
ミース・ファン・デル・ローエはシカゴに住み、
「レイク・ショア・ドライブ・アパートメント」などの建築に携わった。
「簡素なほど豊かである」と言った。モンドリアンの精神の継承者ともいえる。

ミュシャ   1860-1939  チェコスロバキア アールヌーボー 
ウィーンやミュンヘンで舞台装置の仕事などをしていた。
パリに出てからは、挿絵の仕事などをしていたが、
女優のサラ・ベルナールのポスター制作をきっかけに、
アール・ヌーボーの代表者になる。
1900年パリ万国博でボスニア・ヘルツェゴビナのヴァイオリン装飾にかかわる。
加えて1904年、スメタナ交響詩「わが祖国」を聞き、
スラヴ抒情詩の制作を決意。
1910年から制作に専念した。

ミヒャエル・ゾーヴァ 

ミレイ、ジョン・エヴァレット   (1829-1896) イギリス ラファエル前派 *

ミレー   (1814-1875)
フランス 印象派 写実主義 バルビゾン派

ミロ   (1893-1983) スペイン シュールレアリスト *
バルセロナの宝石商の息子。
美術学校で学び、ゴッホやフォービスムの影響を受けた。
1919年、パリに出て、ピカソとキュービズム・グループと親しくなり、
シュールレアリストの代表者の一人となる。

ムーア、アルバート   (1841-1893)  イギリス ラファエル前派 *
北イングランドのヨークに生まれたアルバート・ムーアは、
無頓着な男であった。
1858年にロイヤル・アカデミーに入学し、
そこで知り合った仲間とスケッチのクラブを作った。
その仲間にはシメオン・ソロモンなどがいた。
数が月でアカデミーを退学してしまい、スケッチの旅に出て、
自然描写の基礎を身につけた。
挿絵や建築物の天井、壁の装飾的な仕事、教会の壁画、
壁紙・ステンドグラス、タイルなどのデザインも手掛けている。
そいうしながらも油絵を描き、アカデミーへ出品していた。
画風はしかし、象徴などを使用して、主題を深く描くのではなく、
「雰囲気の美」という傾向が強く、アカデミズムとは少々違っていた。

ムリーリョ   (1617-82) スペイン バロック

ムンク   (1863-1944) ノルウェイ 後期印象派

メアリー・カサット    ( 1845-1926) アメリカ 印象派

メアリー・バクスター    アメリカ   妖精・天使などの絵 *

メイス  

メイプルソープ  

メムリンク



       け・こさ・し すせそた・ち・つ  

 なにぬねの |      み・む・め や・ゆ・よ     

 | いろいろ |
  

トップページ |発送・送料支払・配送方法割引情報 | お問合わせ | 特定商取引法に基づく表示 |ヴァーチャル絵画館


Art at Dorian (c)Copy Right 2001 newimg.org All Rights Reserved

素材提供はこちら